【ドールズフロントライン】USAS-12の詳細(スキルや評価、入手方法)

    このページはドールズフロントライン(ドルフロ/少女前線)のUSAS-12の詳細ページです。USAS-12のステータスやスキル、陣形などをまとめています。

    USAS-12のプロフィール

    こちらは、USAS-12のレアリティや国籍などのプロフィール情報です。

    通常重傷
    ドールズフロントライン  USAS-12 星4 ショットガン
    ドールズフロントライン  USAS-12 星4 ショットガンの重傷
    名前
    USAS-12
    No.189レア星4
    銃種ショットガン国籍アメリカ
    声優藍原ことみイラスト麻将

    USAS-12のステータス

    こちらは、USAS-12のステータス情報です。

    火力命中回避射速HP成長装甲
    BBCSSABA
       
    初期最大
    火力1229
    命中211
    回避210
    射速2637
    HP1301300
    装甲322
    弾装55
    移速6
    会心率40%
    製造時間7:55:00
    弾薬
    30 / 45 / 60 / 75 / 90 (x1~5)
    配給
    40 / 65 / 90 / 115 / 140 (x1~5)
     

    USAS-12の陣形

    こちらは、USAS-12の陣形の情報です。

    陣形範囲効果対象陣形効果
    マシンガン

    火力上昇 15%

    命中上昇 20%

    USAS-12のスキル

    こちらは、USAS-12のスキルの情報です。

    スキル名
    狂熱突襲
    開幕CD1秒
    クールダウン効果
    レベル1206秒間、射速32%上昇。装弾数が1増加。代わりに最初のリロードが1秒間延長。
    レベル10168秒間、射速60%上昇。装弾数が4増加。代わりに最初のリロードが1秒間延長。

    USAS-12の装備スロット

    こちらは、USAS-12の装備スロットの情報です。

    レベル20人形裝備・チップ・装甲板
    レベル50弾倉・BS弾
    レベル80アタッチメント・オプティカルサイト・ホロサイト・ドットサイト・夜戦装備

    USAS-12の取得

    こちらは、USAS-12の取得情報です。

    製造大型製造

    実際のUSAS-12

    こちらは、実際のUSAS-12の説明です。

    アメリカの銃器デザイナー、マックスウェル・アッチソンが1970年代に開発したAA-12をベースに、同国のギルバート・エクィップメント社のジョン・トレバーJr.が1980年代に開発した自動式散弾銃。 ギルバート・エクィップメント社は本銃を生産するだけの設備を有していなかったことから、製造を韓国の大宇精密工業社に委ねた。大宇社はAS12の量産に向けて自社の製造技術を整え、1990年代からAS12の生産をスタートさせている。 軍事用として開発された本銃は、セミオートとフルオートの切り替えが可能な戦闘用散弾銃で、ドラムマガジンを装備することで最大20発の連続射撃が可能となっている。しかし、結果として非常に重い銃となり、80年代に米軍からフルオートショットガンというカテゴリー自体が実用的ではないとの判断を下されてしまった。その為、軍の制式採用は見送られている。 一方、AS12は30000挺余りが生産され、アジア諸国の軍・警察組織に向けて販売されたと云われる。同時期にはギルバート・エクィップメント社もセミオートモデルをアメリカ民間市場に向けて販売を行ったが、銃規制法の元、スポーツ用銃器として認められないクラスIIIウェポンとして類別されてしまった事から、民間販売は大きく制限されることとなった。そんな中、90年代末にはラモー・ディフェンス社が、韓国から輸入したAS12に国産パーツを組み込んで、法執行機関向けに限定販売している。 型番号のAS12は「Automatic Shotgun - 12gauge」の略。またUSAS12と呼ばれる場合もあるが、この場合のUS部分は「Universal Sporting」と「United State」の2説有り、どちらが本当かは定かではない。

    MEDIAGUN DATABASE:USAS-12





    ドールズフロントライン 攻略上部へ