【ドールズフロントライン】Super SASSの詳細(スキルや評価、入手方法)

    このページはドールズフロントライン(ドルフロ/少女前線)のSuper SASSの詳細ページです。Super SASSのステータスやスキル、陣形などをまとめています。

    Super SASSのプロフィール

    こちらは、Super SASSのレアリティや国籍などのプロフィール情報です。

    通常重傷
    ドールズフロントライン  Super SASS 星3 ライフル
    ドールズフロントライン  Super SASS 星3 ライフルの重傷
    名前
    Super SASS
    No.124レア星3
    銃種ライフル国籍アメリカ
    声優立花理香イラスト受菟

    Super SASSのステータス

    こちらは、Super SASSのステータス情報です。

    火力命中回避射速HP成長
    AACABB
      
    初期最大
    火力45115
    命中965
    回避427
    射速2739
    HP44440
    移速7
    会心率40%
    弾薬
    15 / 25 / 35 / 45 / 55 (x1~5)
    配給
    30 / 45 / 60 / 75 / 90 (x1~5)
     

    Super SASSの陣形

    こちらは、Super SASSの陣形の情報です。

    陣形範囲効果対象陣形効果
    ハンドガンCD速度上昇 12%

    Super SASSのスキル

    こちらは、Super SASSのスキルの情報です。

    スキル名
    エイムショット
    開幕CD10秒
    クールダウン効果
    レベル1201.5秒かけてターゲットへ照準を合わせ、そのターゲットに対して2.8倍ダメージ。
    レベル10161.5秒かけてターゲットへ照準を合わせ、そのターゲットに対して5.5倍ダメージ。

    Super SASSの装備スロット

    こちらは、Super SASSの装備スロットの情報です。

    レベル20弾倉・AP弾
    レベル50アタッチメント・オプティカルサイト・ホロサイト・ドットサイト・サイレンサー
    レベル80人形裝備・チップ・カモフラージュマント

    Super SASSのセリフ

    こちらは、Super SASSのセリフデータです。

    通常戦闘
    入手指揮官、Super SASSが入隊します。初めまして、これからよろしくね。
    挨拶指揮官、休憩は終わった?それじゃあ仕事に戻るよ。
    部隊編入みんな、一緒に頑張ろうね!
    強化丁度これが欲しかったんだ!ありがとう!
    コミュ1指揮官、お疲れ様、何か飲む?
    コミュ2ちょっと頼りないけど、何か悩んでる事があれば、いつでも私に言ってね。
    コミュ3指揮官、もし好きな人がいるなら、今のはとても危険な行為なんだよ...
    建造完了新しいお友達、歓迎するよ!
    後方支援1よし、みんなを連れていきますよ!
    後方支援2指揮官、無事に帰ってきたよ!
    編成拡大これからもっと出番があるんだね、頑張ります!
    誓約指揮官、今日のパーティーはちょっと特別みたいだね?え?私の為に準備したの?ひどい...それじゃあ、これからもっと頑張らなきゃだめじゃない!へへ、でも大丈夫、任せてください。
    自律作戦すみません、遅くなっちゃった!
    紹介
    コミュ4指揮官、この間のこと、覚えてる?とぼけても無駄だよ、私がちゃんと覚えてるから。
    出撃ちょっと緊張するけどきっと大丈夫!
    攻撃戦闘開始だね
    スキル1くらい!
    スキル2もう少し踏ん張って
    スキル3おちゃ、恐れぼだ
    大破うえ、どいうこと? 私、何あてども?
    敗北指揮官、気をつないで、また次があるから
    MVPえへへ、みんなのおかげでかったね、やった!
    修理おかしがあるなら... え、いいよ、自分でとりいくよ

    実際のSuper SASS

    こちらは、実際のSuper SASSの説明です。

    アメリカの航空機メーカー「フェアチャイルド」の銃器製造部門「アーマライト」で開発された自動小銃。ユージン・ストーナー開発の「M16」の原型で、1956年に発表された。M14とほぼ同時期に開発された、アメリカの第一世代突撃銃である。 アーマライトが航空機メーカーの一部門ということもあって、AR10はアルミ合金をはじめとする航空機用の強固かつ軽量な素材がふんだんに取り入れられた。これら素材の採用で極めて軽量に仕上がった一方、射撃の反動はマイルドでフルオートマチック射撃の制御がごく容易だった。同口径のFALのように、制御が困難であるからと後になってフルオートが取り払われるということもなかった。これは当初、より強力な.30-06弾の使用を前提として設計されていたことも大きかったらしい。また、セミオートマチックでの射撃も高精度で良好と、扱いやすく高性能な、非常に優秀なライフルだったようだ。 また、ベルト給弾式の軽機関銃バージョンも試作されており、背負い式のバックパックから、ロワーレシーバーにリンクレスシュートのアダプタを繋ぐ事でマガジン・ベルト双方から給弾可能な設計であった。 AR10は、当時行われていたアメリカ軍のM1ガーランドの後継銃トライアルに提出され、T44E4/T44E5やFALなどとその座を競っている。AR10は当時としてはその先進的過ぎる外観から敬遠された、とも言われるが、陸軍スプリングフィールド国営造兵廠によるトライアルでは、スタッフらの反応は上々で、評価も他の候補銃より高いものだった。しかし、耐久テストで、アルミとスチールで作られた複合素材の軽量バレルが破断してしまい、採用を逃すこととなった。ストーナー自身は強く反対していたものの、当時のアーマライト社長ジョージ・サリバンの指示によって当のバレルを有したモデルが提出された結果だった。アーマライトは通常のスチール製バレルに交換したモデルを即提出したものの、耐久テストの影響は大きく、不採用を告げたスプリングフィールド造兵廠のレポートでは「採用に至るには5年かそれ以上を要する」との理由が述べられている。 オリジナルのAR10は大きく二種に分けられる。M16の原型となったAR10と、逆にM16をもとに大口径化したAR10である。外観・構造上の最も大きな差異はチャージングハンドルで、元祖AR10はレシーバー上部のキャリングハンドル内に覆われる形でハンドルが配置されていた。機構こそ同様のリュングマン方式ではあるが、言ってみれば、元祖AR10と後者は別物である。 さらに後者は、AR15が完成した直後に作られたAR15ベースの「AR10a」と、フェアチャイルドアーマライトが買収された後に「アーマライトInc」となってから作られたM16A2ベースの「AR10B」の二種が存在する。 AR10aはさっぱり受けなかったものの、1995年に開発されたAR10Bはさまざまなバリエーションが展開され、一定のシェアを築いている。 AR10Bは、先行するSR-25を元に開発され、プロトタイプ自体がSR-25のアッパーアセンブリに合わせてパーツを形成する形で設計された。この現行AR10は、近年のバトルライフルの需要に伴い、各社から登場したDPMS LR-308、ラルーOBR、LMT MWSなどのさまざまなAR10クローンのベースとなった。 2012年には、サードパーティ製マガジンを使用可能とした「AR10A」が登場している。これは要するに、ベストセラーの社外製マガジンであるマグプル製の「P-MAG 20LR」に合わせた製品である。このマグプルの.308口径用P-MAGは、もともとナイツのSR-25/M110に合わせて設計された製品であり、アーマライトのAR10には未対応であった。近年登場した後発の他社製モデルは、当然のようにP-MAGに対応した設計であったため、取り残される形となっていたアーマライトもようやくこれに沿うこととなった。 日本でも法規上は、装弾数を5発に制限し、日本の猟銃所持資格や経歴を満たしていれば、所持することが出来る。しかし、銃規制強化やアメリカ同時多発テロ事件により、新規許可は難しくなっている。 元祖AR10は1957年に、オランダのAI社に製造権が売却されている。1960年までにAI社によって10000挺ほどが製造され、グアテマラ、ビルマ、イタリア、キューバ、スーダン、およびポルトガルに販売された。 わずかに民間向けにセミオートオンリーとされたものもあるが、そのほとんどが軍用のフルオート射撃可能なモデルだった。これらは購入した各国の軍隊で限定的に配備され、その多くがアフリカの紛争地帯で活躍した。スーダン特殊部隊やポルトガル空挺部隊などの精鋭部隊で苛酷な戦闘を経験し高く評価されたほか、鹵獲されてそのまま隣国の準制式ライフルとなったり、ゲリラの手に渡って革命に使われるなど様々な運命を辿っている。  あのチェ・ゲバラやフィデル・カストロもキューバ革命後、軍の倉庫に試用向けに納入されていたこの銃の性能に惚れ込み、ディーラーをアメリカから呼び寄せて即座に追加分も含めた代金を支払った。無論アメリカからの輸出が許可される筈も無かったが、僅か100挺のAR10はキューバの精鋭の手で猛威を振るい、ドミニカ革命においても大きな戦果を上げている。

    MEDIAGUN DATABASE:Super SASS





    ドールズフロントライン 攻略上部へ