【ドールズフロントライン】PP-19の詳細(スキルや評価、入手方法)

    このページはドールズフロントライン(ドルフロ/少女前線)のPP-19の詳細ページです。PP-19のステータスやスキル、陣形などをまとめています。

    PP-19のプロフィール

    こちらは、PP-19のレアリティや国籍などのプロフィール情報です。

    通常重傷
    ドールズフロントライン  PP-19 星4 サブマシンガン
    ドールズフロントライン  PP-19 星4 サブマシンガンの重傷
    名前
    PP-19
    No.136レア星4
    銃種サブマシンガン国籍ロシア
    声優芹澤優イラスト八才

    PP-19のステータス

    こちらは、PP-19のステータス情報です。

    火力命中回避射速HP成長
    BAAABA
      
    初期最大
    火力1026
    命中214
    回避1074
    射速6391
    HP88880
    移速12
    会心率5%
    弾薬
    25 / 40 / 55 / 70 / 85 (x1~5)
    配給
    20 / 30 / 40 / 50 / 60 (x1~5)
     

    PP-19の陣形

    こちらは、PP-19の陣形の情報です。

    陣形範囲効果対象陣形効果
    アサルトライフル火力上昇 24%

    PP-19のスキル

    こちらは、PP-19のスキルの情報です。

    スキル名
    手榴弾
    開幕CD3秒
    クールダウン効果
    レベル120手榴弾を投げ、半径2.5ヤード内の敵に2.2倍ダメージ。
    レベル1016手榴弾を投げ、半径2.5ヤード内の敵に6.5倍ダメージ。

    PP-19の装備スロット

    こちらは、PP-19の装備スロットの情報です。

    レベル20人形裝備・チップ・外骨格
    レベル50弾倉・HP弾
    レベル80アタッチメント・オプティカルサイト・ホロサイト・ドットサイト・夜戦装備・サイレンサー

    PP-19のセリフ

    こちらは、PP-19のセリフデータです。

    通常戦闘
    入手PP19(ぴーぴーじゅうきゅう)、到着!指揮官はあなた?ちゃんとわたしの名前を覚えてよね!
    挨拶おはよう指揮官!なーに?元気出しなさいよ!
    部隊編入じゃあ、行ってきます!
    強化そっか。これでもっと力が出せる!
    コミュ1指揮官、なんか任務あるの?
    コミュ2熱いな、クーラーないの?
    コミュ3わたし、背が小さいけど力は強いよ?どう?試してみる?
    建造完了新しい仲間が入って来たよ。
    後方支援1大丈夫、出発するよ。
    後方支援2まぁ、なんとかやってきたよ。
    編成拡大編成拡大(へんせいかくだい)か…やっぱわたしのこと好きでしょう指揮官~。
    誓約なんだよ指揮官、そんな顔して…はぁ?何それ?違うの、急に何言ってるのよ!こう見えてわたしは…いや…いいけど…もうっ!
    自律作戦支援行動(しえんこうどう)も遅れることはないよ!
    紹介
    コミュ4
    出撃さっそく行こう!全部やっつけちゃえ!
    攻撃望むところ!
    スキル1なめるなー!
    スキル2見逃さない!
    スキル3もう待てない!突撃!
    大破クソッ!絶対許さない!指揮官も見てないで!
    敗北仕方ない…ただで済むと思うなよ!
    MVP勝利って、一気に突っ込んで全員やっちまうまでじゃないの?
    修理チッ、分かってるよ。次は気を付けるよ。

    実際のPP-19

    こちらは、実際のPP-19の説明です。

    ロシアのイズマッシュ社が1993年に軍・法的機関向けとして開発した短機関銃。 パーツの大半はAKS74の物と共用化されているため整備性が高く、ストックは折り畳み可能なので携帯性も高い。外見上の差は無いが、よりパワーの低い拳銃弾を扱うため、機構はガスオペレーションからブローバックへと変更されている。そして最大の特徴である銃前部に取り付けられたヘリカルマガジンは、9mmx18マカロフ弾を64発装填可能と大容量。減音器も装着可能であり、ロシアの特殊部隊向け短機関銃として「PP-19」の名前で装備されている。 しかし、ヘリカルマガジンは取り扱いが難しい事から、近年になってよりトラディショナルな30連ボックスマガジンを用いるPP-19-01"ヴィチャージ"も登場しており、9mmパラベラムモデルがロシア各法執行機関で広く採用されている。 マイナーチェンジを受けた『ビゾン2』も生産されており、バレルが若干延長されたほか、バレルジャケット周りのデザインが変更されている。また、減音器を標準装備したビゾン2-03や、民間向けのセミオートモデルもラインナップされているようだ。 なお本銃はイズマッシュ社のビクトル・カラシニコフ技師とアレクセイ・ドラグノフ技師の共同開発だが、ビクトル・カラシニコフ技師はAK47の開発者ミハイル・カラシニコフの息子。そしてアレクセイ・ドラグノフ技師はドラグノフの開発者であるエヴィジェニー・F・ドラグノフの息子である。

    MEDIAGUN DATABASE:PP-19





    ドールズフロントライン 攻略上部へ