【ドールズフロントライン】NZ75の詳細(スキルや評価、入手方法)

    このページはドールズフロントライン(ドルフロ/少女前線)のNZ75の詳細ページです。NZ75のステータスやスキル、陣形などをまとめています。

    NZ75のプロフィール

    こちらは、NZ75のレアリティや国籍などのプロフィール情報です。

    通常重傷
    ドールズフロントライン  NZ75 星5 ハンドガン
    ドールズフロントライン  NZ75 星5 ハンドガンの重傷
    名前
    NZ75
    No.126レア星5
    銃種ハンドガン国籍中国
    声優青木志貴イラスト音符

    NZ75のステータス

    こちらは、NZ75のステータス情報です。

    火力命中回避射速HP成長
    AABAAS
       
    初期最大
    火力1233
    命中862
    回避974
    射速4263
    HP37365
    移速15
    会心率20%
    製造時間1:05:00
    弾薬
    10 / 15 / 20 / 25 / 30 (x1~5)
    配給
    10 / 15 / 20 / 25 / 30 (x1~5)
     

    NZ75の陣形

    こちらは、NZ75の陣形の情報です。

    陣形範囲効果対象陣形効果
    全銃種

    火力上昇 10% / 12% / 15% / 17% / 20% (x1~5)

    回避上昇 15% / 18% / 22% / 26% / 30% (x1~5)

    NZ75のスキル

    こちらは、NZ75のスキルの情報です。

    スキル名
    突撃制圧
    開幕CD6秒
    クールダウン効果
    レベル115敵全体射速低下 18%(持続時間5秒)。
    レベル1012敵全体射速低下 30%(持続時間8秒)。

    NZ75の装備スロット

    こちらは、NZ75の装備スロットの情報です。

    レベル20アタッチメント・夜戦装備・サイレンサー
    レベル50弾倉・HP弾
    レベル80人形裝備・チップ・外骨格

    NZ75の取得

    こちらは、NZ75の取得情報です。

    製造通常製造

    NZ75のセリフ

    こちらは、NZ75のセリフデータです。

    通常戦闘イベント
    入手ノリンコゼット七五式だ、呼んでくれて感謝する。一緒に使命を果たしましょ。
    挨拶やっと来たね、指揮官。早く仕事しましょう、暇でしょがないんだ。
    部隊編入やっと私の番か…!
    強化ははは!これが力を得た感覚か!
    コミュ1どうした?私が監視してるから、サボらないように。
    コミュ2指揮官、ただ待つだけじゃ何もできない、さっさと行動しましょう。
    コミュ3やめてくれ!何をしてるのか分かってるのか?お…怒るよ!
    建造完了新たの戦友に、敬礼!
    後方支援1ついでに何か持って来るか?
    後方支援2仕事はおわったよ、ご褒美は?
    編成拡大お、ありがとう…指揮官は優しな。
    誓約なんでここに連れできたんだ?指揮官、サボるなら付き合わないぞ…え?これはもしかして……道理で最近様子が変だなど思ってたら、こんなこと考えてたのか。でも…これはこれで、いいかも…頂戴するよ。
    自律作戦言っただろ?私の力は不可欠だって。
    紹介
    コミュ4指揮官、来週の週末、空いてるか…新し服を選んでくれないかな?……長く付き合ってきた指揮官のために、イメチェンしたいんだ……
    出撃いよいよチャンスだ…出発しよう!
    攻撃逃しはせん…!
    スキル1それ!
    スキル2アウト!
    スキル3へへ、闇に葬っであげる!
    大破クソ!本気を出すか……!
    敗北そんな…私がいるのに、なぜこんなことに……
    MVPへへ、これが勝利の味わいか。
    修理ち…今日はついてないな……
    ハロウィンふん、悪くないね。私にピッタリな暗黒かん。ところで指揮官、お菓子… まだあるのか?
    クリスマスホウクのやつ… なんで雪掛けに私を呼んだんだ。あ… 取り敢えず、メリークリスマス指揮官。
    新年はあ?一発芸?そ、そんなのできない!……どうしよう…わかった、ちょ…ちょっとだけだ!…ちょ…!笑うじゃない!
    バレンタインこのブランドのチョコ値段の割に結構美味しいんだ。信じないなら、食べて見るか?

    実際のNZ75

    こちらは、実際のNZ75の説明です。

    1975年に旧チェコスロバキアの国営銃器工場が開発した自動拳銃。大部分を銃器設計家のフランティシェック・コーツキィが設計している。「CZ」の名は、Česká Zbrojovka/チェスカー・ゾブロヨフカの頭文字から。 実戦向きなコック&ロック可能なセイフティや、命中精度の高さもさる事ながら、人間工学を考慮したグリップは『まるで手に吸い付くよう』と評された。特にアメリカでは、シューティング競技の権威ジェフ・クーパーが本銃に「世界最高のコンバットオートである」と高い評価を与えた事で、世界有数の名銃として人気が高騰した。 CZ75の前期モデルは、非常に硬いスチールからの削り出しによる、高精度な作りであった。また旧共産圏の銃であるため西側での流通量が少なかったことと、仕上げの美しさから、現在もコレクターの間では高値で取り引きされている。 ただ、後期型と比べて特段優れているわけではないとも言われている。硬い素材はいっぽうで弾性に欠け、スライド前部が薄くクリアランスもタイトだったため、衝撃による僅かな歪みも復元されにくく、塵芥の侵入で作動に不具合を起こす問題があった。 また削り出し加工ゆえの生産効率の低さもあって、後期モデルからは生産性の高いロストワックス製法が採り入れられた。さらにフレームは噛み合わせが前方に延長され、ハンマーにハーフコックポジションが追加された。 しかし、生産の省力化によって仕上げが荒れたことから、後期モデルはマニアの間では評価を落としてしまっている。ただ、一般市場での反応は上々だったようで、CZ社は民営化後も後期モデルを基本に現行モデルを開発している。後期モデルは鉄の品質が落とされたため、強度を保つためにフレームが延長されたという説もあるが、真偽は怪しいようだ。 また、前述のようにオリジナルが西側で入手困難だった一方、当時のCZ社が国外でのパテントを取得していなかったことから、クローンないしコピーが世界のあちこちで作られることとなった。これは、CZ75の設計が技術流出を防ぐ理由から当時のチェコスロバキアで軍事機密に指定されたことによる。パテント取得のため諸外国当局に技術詳細の提出をしようにも、軍事機密であるという理由で出来なかったのだ。しかし、そもそもCZ75は輸出を前提とした商品であったため、製品そのものは国外で流通していたのだから、あまりに本末転倒な対応であった。 結果として、流通したCZ75を元に、イタリアのタンフォリオ、スイスのスフィンクス AT2000、中国のNZ75、イスラエルのジェリコ、トルコのキリンクM2000など、種類も品質も様々だが、1911に次ぐといわれるほどの派生型が誕生した。チェコの自由化後はCZ社もアメリカはじめ西側市場に本格進出し、多数のバリエーションを発売しており、CZ75クローンは自動拳銃の一大グループに成長した。なお、その名の通り10mmオート弾を使用することで知られる“ブレンテン”は、本銃をベースにジェフ・クーパーのアイデアの元で設計されたものである。 CZ75クローンは、軍・政府機関向けに採用されているものも少なくない。何かと話題の北朝鮮でも、本銃のデッドコピーである白頭山拳銃を、それまでの68式拳銃に替わる朝鮮人民軍の制式拳銃として採用したと言われている。 Cz75 SP-01 Tactical CZ社は1987年に、マニュアルセイフティとスライドストップ/リリースレバーをアンビ化した“CZ85”を発表したが、こちらはあまり上手くいかず、現在はAFPBを追加し、ハンマーをラウンドハンマーに改めたCZ75Bを基本としている。トルコ警察は、同国軍とは対照的に、このオリジナルCZ75を採用しているようだ。 主なバリエーションでは、“CZ75 P-01”が、本国チェコ警察の制式拳銃となっている。これは“CZ75BDコンパクト”をベースにフレーム等が強化されたモデルで、マウントレールと、セーフティ兼デコッキングレバーが装備されている。このモデルをチェコ警察当局は当初60000挺発注したと伝えられている。 最近では、マウントレールを追加したフルサイズモデルSP-01 Tacticalが登場。オプションにスパイク付きのマズルガードや、拳銃用としては初の銃剣を発表し、注目を浴びている。 また、重量を約33%軽減したポリマーフレームバージョンであるCZ75 SP-01 Phantomも登場している。

    MEDIAGUN DATABASE:NZ75





    ドールズフロントライン 攻略上部へ