【ドールズフロントライン】MDRの詳細(スキルや評価、入手方法)

    このページはドールズフロントライン(ドルフロ/少女前線)のMDRの詳細ページです。MDRのステータスやスキル、陣形などをまとめています。

    MDRのプロフィール

    こちらは、MDRのレアリティや国籍などのプロフィール情報です。

    通常重傷
    ドールズフロントライン  MDR 星5 アサルトライフル
    ドールズフロントライン  MDR 星5 アサルトライフルの重傷
    名前
    MDR
    No.215レア星5
    銃種アサルトライフル国籍アメリカ
    声優イラストRAN

    MDRのステータス

    こちらは、MDRのステータス情報です。

    火力命中回避射速HP成長
    AABABA
       
    初期最大
    火力2056
    命中650
    回避541
    射速5176
    HP60595
    移速10
    会心率20%
    製造時間3:53:00
    弾薬
    20 / 30 / 40 / 50 / 60 (x1~5)
    配給
    20 / 30 / 40 / 50 / 60 (x1~5)
     

    MDRの陣形

    こちらは、MDRの陣形の情報です。

    陣形範囲効果対象陣形効果
    サブマシンガン

    火力上昇 25%

    命中上昇 65%

    MDRのスキル

    こちらは、MDRのスキルの情報です。

    スキル名
    危機嗅探器
    開幕CD4秒
    クールダウン効果
    レベル120前方に味方がいる場合は15ポイントのシールドと回避40%を付与。いない場合は自身の火力上昇 20%・射速上昇 10%(持続時間6秒)。
    レベル1016前方に味方がいる場合は40ポイントのシールドと回避80%を付与。いない場合は自身の火力上昇 45%・射速上昇 22%(持続時間10秒)。

    MDRの装備スロット

    こちらは、MDRの装備スロットの情報です。

    レベル20アタッチメント・オプティカルサイト・ホロサイト・ドットサイト・夜戦装備・サイレンサー
    レベル50弾倉・HV弾
    レベル80人形裝備・チップ・外骨格

    MDRの取得

    こちらは、MDRの取得情報です。

    製造通常製造・重型製造

    実際のMDR

    こちらは、実際のMDRの説明です。

    MDRは、ブルパップボルトアクションライフルSRSで知られるデザートテック社が開発した、ブルパップスタイルのアサルトライフルである。2014年のショットショーで発表され、2015年から製造されている。 軍・法執行機関向けモデルはセレクティブファイア、民間向けモデルはセミオートオンリーとなる。 作動方式はショートストローク・ガスピストン。銃本体はポリマー製で、レシーバー上部にはピカティニーレールを備える。フリーフローティング銃身を採用しており、高い精度を持つ。 モジュラー構造を採用しており、各種口径や銃身長はツールを使って短時間での換装が可能。詳細は不明であるが、工夫されたバレル保持システムにより、これらのパーツの交換後も再ゼロインの必要はない設計であるという。 コントロールは弾倉挿入口の後方に設けられたボルトリリースボタンをはじめ、セイフティレバーやマガジンリリースボタンなどの操作系は、完全にアンビデザインとなっている。 排莢方式は特殊なフォワード・イジェクト方式で、FN F2000などと異なり、従来型の左右どちらかからの排莢を、排莢口に装着したカバーで保持、ボルトの前進運動の力で前方に飛ばす方式となっている。このため、排莢口カバーを取り外すことで通常のブルパップとしても運用可能であるが、多くの先駆者と違い、まっすぐ前方に排莢され、完全に左右を気にする必要がない純粋なフォワード・イジェクト方式とは異なる。 従来型の排莢方式自体もモジュラー化されており、排莢口の逆側を塞ぐレシーバーのカバーに、ボルト後退時に側面に薬莢を押し出すエキストラクター機構が備わっており、このカバーを付け替える事で排莢方向自体も直接変更される方式である。 この2つのカバーは、ツール代わりに空薬莢一つさえあれば僅か10数秒で脱着可能となっており、使用中の排莢方向の変更・排出不良時の排莢方式の変更などが容易となっている。 現行モデルでは、以下の改良が施されている。 ・チャージングハンドルが、リバーシブルタイプからアンビタイプへ変更 ・ホールドオープン用ノッチをハンドル操作溝に追加 ・マガジンリリースボタンを弾倉挿入口の前方にも追加 ・ハンドガード側面の追加レールを廃止し、代わりに放熱用の肉抜き穴を追加 ・排莢口カバーの小型&平面化 ・標準装備されていたフリップアップ式フロントサイトを廃止 また、オプションでハニーバジャーやX95のように、ハンドガード内にOSS社のサプレッサーを収納する幅広タイプのレシーバーも用意されている。

    MEDIAGUN DATABASE:MDR





    ドールズフロントライン 攻略上部へ