【ドールズフロントライン】K2の詳細(スキルや評価、入手方法)

    このページはドールズフロントライン(ドルフロ/少女前線)のK2の詳細ページです。K2のステータスやスキル、陣形などをまとめています。

    K2のプロフィール

    こちらは、K2のレアリティや国籍などのプロフィール情報です。

    通常重傷
    ドールズフロントライン  K2 星5 アサルトライフル
    ドールズフロントライン  K2 星5 アサルトライフルの重傷
    名前
    K2
    No.194レア星5
    銃種アサルトライフル国籍韓国
    声優藤井雪代イラストanmi

    K2のステータス

    こちらは、K2のステータス情報です。

    火力命中回避射速HP成長
    ASBAAA
       
    初期最大
    火力1950
    命中751
    回避642
    射速5478
    HP64635
    移速10
    会心率20%
    製造時間3:52:00
    弾薬
    20 / 30 / 40 / 50 / 60 (x1~5)
    配給
    20 / 30 / 40 / 50 / 60 (x1~5)
     

    K2の陣形

    こちらは、K2の陣形の情報です。

    陣形範囲効果対象陣形効果
    サブマシンガン

    火力上昇 25%

    命中上昇 50%

    K2のスキル

    こちらは、K2のスキルの情報です。

    スキル名
    オーバーヒート
    開幕CD8秒
    クールダウン効果
    レベル15攻撃モードを切り替えることができます。 フィーバー・モード:3発の弾丸を発射し、それぞれ40%のダメージを与え、温度が1上昇します。 温度が15を超えると、1ポイントあたりの3.2%の火力と命中が低下します。(最大20スタック) ノートモード:シングルショットで攻撃温度が1低下します。回避と移動速度が60%低下します。1回攻撃する毎に、火力が2%増加します。(最大10スタック)
    レベル103攻撃モードを切り替えることができます。 フィーバー・モード:3発の弾丸を発射し、それぞれ52%のダメージを与え、温度が1上昇します。 温度が15を超えると、1ポイントあたりの2%の火力と命中が低下します。(最大20スタック) ノートモード:シングルショットで攻撃温度が1低下します。回避と移動速度が40%低下します。1回攻撃する毎に、火力が5%増加します。(最大10スタック)

    K2の装備スロット

    こちらは、K2の装備スロットの情報です。

    レベル20アタッチメント・オプティカルサイト・ホロサイト・ドットサイト・夜戦装備・サイレンサー
    レベル50弾倉・HV弾
    レベル80人形裝備・チップ・外骨格

    K2の取得

    こちらは、K2の取得情報です。

    製造通常製造・重型製造

    K2のセリフ

    こちらは、K2のセリフデータです。

    通常戦闘
    入手
    挨拶今日も私の活躍、ちゃんと見ててね!
    部隊編入私がちゃんと面倒を見てあげるから!
    強化みんなも頑張れば、私みたいになれるよ!
    コミュ1誰が何と言おうと、激辛手羽先はやめられない!
    コミュ2k7ももっと素直になればいいのに!
    コミュ3触んないで、後輩たちに見られたら恥ずかしいじゃない!
    建造完了新人さん!先輩の私に何でも聞いていいよ!
    後方支援1今回の仕事はこれですか?
    後方支援2ただいま~余裕余裕!
    編成拡大顔が一緒とは言っても、私のほうが先輩なんだからね!
    誓約自分にまだまだ足りないところがあるのはわかっています……それなのに指揮官は、いつも私の良いところを見つけてくれますよね?それはきっと……指揮官にとって私は大事な存在だからでしょうね!
    自律作戦いくら自信があっても、油断は禁物よ!
    紹介
    コミュ4指揮官、今晩の激辛BBQ(バーベキュー)、逃げるのはナシだよ!食べ残した者の奢りだからね!
    出撃みんな、任務開始よ!
    攻撃オーバーヒートする前にやっつける!
    スキル1可愛い後輩たちが見てるんだから!
    スキル2この戦いも熱くなってきたね!
    スキル3こっちが有利ね!
    大破ちょっと!後輩たちに見られたら……!
    敗北まったく、みっともない……
    MVP自惚れないで、これから勝たなきゃいけない戦いは、まだまだいっぱいあるの!
    修理k5に見られたら、バカにされるかな……

    実際のK2

    こちらは、実際のK2の説明です。

    1970年代、韓国の大宇精密工業社社は、韓国軍用としてM16A1のライセンス版を生産納入していた。その経験を生かして1970年初頭から自国産ライフルの生産を目指して設計されたのが『K1』、及び『K2』である。 開発中はナンバーが割り振られておらず、コルトとのM16A1製造ライセンス訴訟の関係でフルサイズモデルの採用が見送られたため、カービンサイズのものが、旧式化した短機関銃の代替として先に採用され、K1のナンバーを与えられた。その後、コルトの訴訟を退けて軍の制式ライフルとしてナンバリングされたのがフルサイズのK2である。 外観上、K1/K2共にM16A1とよく似た作りであり、基本はほとんど同じで、ホールドオープンなどの機構もそのまま備えている。しかし、K1ではM16A1同様のリュングマン方式だった作動機構を、K2ではAK-47タイプのロングストローク・ガスピストン式に変更している。コッキングもM16とは異なり、K1、K2共にAK同様ハンドルがレシーバー右側面に配され、ボルトキャリアに固定されているため、ボルトフォワードアシストも備えていない。 銃身にM7バヨネットを着剣できるほか、K201 40mm擲弾発射器、もしくはM203擲弾発射器を装着することも可能。また、マガジンはM16のものがそのまま使用できる。 K2は1983年に韓国陸軍へ採用され、1990年代には主力火器として全軍に行き渡っている。K1は抗テロ・有事即応専門の第707特殊任務大隊やKP-SWAT、海洋警察などの特殊部隊用として使用されている。 民間向けとしてAR-100などのセミオートに限定したものも製造されている。

    MEDIAGUN DATABASE:K2





    ドールズフロントライン 攻略上部へ