【ドールズフロントライン】AK-47の詳細(スキルや評価、入手方法)

    このページはドールズフロントライン(ドルフロ/少女前線)のAK-47の詳細ページです。AK-47のステータスやスキル、陣形などをまとめています。

    AK-47のプロフィール

    こちらは、AK-47のレアリティや国籍などのプロフィール情報です。

    通常重傷
    ドールズフロントライン  AK-47 星3 アサルトライフル
    ドールズフロントライン  AK-47 星3 アサルトライフルの重傷
    名前
    AK-47
    No.58レア星3
    銃種アサルトライフル国籍ソビエト連邦
    声優佐藤利奈イラスト厕所董事长

    AK-47のステータス

    こちらは、AK-47のステータス情報です。

    火力命中回避射速HP成長
    SCCBAA
       
    初期最大
    火力2053
    命中535
    回避534
    射速4565
    HP66660
    移速10
    会心率20%
    製造時間3:20:00
    弾薬
    20 / 30 / 40 / 50 / 60 (x1~5)
    配給
    20 / 30 / 40 / 50 / 60 (x1~5)
     

    AK-47の陣形

    こちらは、AK-47の陣形の情報です。

    陣形範囲効果対象陣形効果
    サブマシンガン回避上昇 18%

    AK-47のスキル

    こちらは、AK-47のスキルの情報です。

    スキル名
    強襲集中
    開幕CD5秒
    クールダウン効果
    レベル110自身の火力上昇 15%・命中50%(持続時間3秒)。
    レベル108自身の火力上昇 35%・命中100%(持続時間5秒)。

    AK-47の装備スロット

    こちらは、AK-47の装備スロットの情報です。

    レベル20アタッチメント・オプティカルサイト・ホロサイト・ドットサイト・夜戦装備・サイレンサー
    レベル50弾倉・HV弾
    レベル80人形裝備・チップ・外骨格

    AK-47の取得

    こちらは、AK-47の取得情報です。

    製造通常製造・大型製造
    ドロップ 3-1・ 5-4・ 5-5・ 2-4・ 3-4・ 5-6・ 6-2・ 2-6・ 3-2・ 3-3・ 2-5・ 3-5・ 3-6・ 4-1・ 4-2・ 4-4・ 4-5・ 4-6・ 5-1・ 5-2・ 6-6・ 7-2・ 7-3・ 7-5・ 7-6・ 8-1・ 8-3・ 6-3・ 6-5・ 9-3・ 9-5・ 10-3・ 10-4E・ 3-1E・ 3-2E・ 4-4E・ 5-1E・ 5-2E・ 5-4E・ 6-1E・ 6-2E・ 7-1E・ 7-4E・ 9-2E・ 8-1E・ 8-3E・ 9-4E・ 8-5・ 9-1・ 10-1・ 10-5・ 0-1・ 0-2・ 10-2E・ 2-1E・ 2-2E・ 2-3E・ 2-4E・ 3-4E・ 4-1E・ 4-2E・ 6-4E・ 7-2E・

    AK-47のセリフ

    こちらは、AK-47のセリフデータです。

    通常イベント
    入手んっはははは、やっと私の出番ね、弾を地球に宛てて見せるよ!
    挨拶
    部隊編入
    強化
    コミュ1な、なんだよ、急に。
    コミュ2あははは、変なとこ触ってくんじゃねえ!
    コミュ3はっはん、触りたくなったか。
    建造完了
    後方支援1
    後方支援2
    編成拡大
    誓約
    自律作戦
    紹介
    コミュ4
    ハロウィンあはははは、他人を驚かすお祭りもあるだなぁ、一体どんな仮装をすればいいんだ?え?熊?酷いなー
    クリスマス
    新年
    バレンタイン

    実際のAK-47

    こちらは、実際のAK-47の説明です。

    1947年にソ連に制式採用された自動小銃。後に「突撃銃」と分類される第一世代の銃である。一般的には「AK-47」の名称がよく知られているが、実際の制式名称は"7.62mm Автомат Калашникова"、あるいは単にAKである。後に登場する派生形と区別するため現在では主にAK-47と呼ばれるようになった。 1942年、負傷後に転属した後方部隊で行った短機関銃の設計で才能を認められたミハイル・カラシニコフ軍曹は、戦後のソビエト連邦の優位を担う次世代小銃の開発を進める中央研究所へと配属される。1944年に7.62x39mm弾の制式化が決定されると、彼は米軍から供与されたウィンチェスター M1などを参考にした自動小銃を完成。この銃はトライアルにおいて競合候補のSKSなどを下し、1947年に制式採用が決定。1949年から配備が開始された。 AK-47は後発のM16と比べ、大口径ゆえにフルオート射撃での安定性が悪く、弾道特性に劣る短小弾を用い、単純なタンジェントサイトな上、照準線が短い事もあってセミオート射撃の集弾性能でもやや劣っている。しかし構造がシンプルで、クリアランスが大きい故に少々の塵芥の侵入にも耐え、悪環境に強く、弾詰まりが起き辛い。「水田の泥水の中に隠しても、いざ取り出したときは問題なく作動した」、「炎天下の砂漠で900発の連続射撃に耐えた」など、AK-47の強靱さを語るエピソードには事欠かない。しかしこのタフさ故にメンテナンスなどされないまま使い続けられることも多く、「AKといえば頑丈だが精度が悪い」という典型的なイメージが確立された。クリアランスが大きく信頼性が高いとされる一方、クリアランスの大きさ故に隙間からの異物侵入が大きく、ボルト等繊細な部分へ異物が入りこみ作動不良を起こすという意見もある。特に実際に行われた比較実験で、ダストカバーがセイフティを兼ねるため、発砲可能な状態では異物の侵入に弱いとも報告されている。 操作も単純で子供でも簡単に憶えられ訓練時間も少なく済むため、ベトナム戦争では多数の民兵がこのAK-47を使用した。こと“ベトコン”と呼ばれ、完全な民間人に扮装し、虚を突いた奇襲戦法をとる民兵組織は、アメリカ兵を散々なまでに苦しめた。あげくは、当時まだ信頼性の低かったM16の代わりに、敵から鹵獲したAK-47を持ち歩くアメリカ兵まで現れる始末。冗談のようなエピソードだが、現在に至るもAKを所持したアメリカ兵は時折見られ、それだけ本銃が優秀である証とも言える。 現在、ロシア軍の制式突撃銃は、後継のAKMやAK74に更新されているが、旧共産圏の国々では未だ相当数の47が制式ライフルとして使用されている。 また西側諸国でも、SEALやSASといった特殊部隊では、ベトナム戦争当時から、敵地への潜入作戦時にこの銃を使用する隊員が少なからず存在した。強靱な耐久性と、西側標準の5.56mm弾を凌ぐ火力、弾薬調達の容易性などがその理由である。また、その独特の発射音で敵味方を誤認させたり、薬莢などの痕跡から自身の出自を推測させないため、ともいわれる。 アメリカではブルガリア・アーセナル社、中国北方工業公司、ユーゴスラビアツァスタバ社のAKスポーターモデルが販売され、AWBが布かれた際には、サムホールストックの「スポーツ用」と銘打ったノリンコ製「MAK90スポーター」なるものも存在した。これは名称こそ違うが、少し手を加えればAK-47へとなるため、コロンビアの麻薬カルテルの間でも好まれたと言う。 最近ではセンチュリー・インターナショナル・アームズ社やインター・オーディナンス社などアメリカ国内でもAK-47は生産され、光学サイトやレール付きハンドガード、コルト M4タイプのテレスコピックストックで近代化されたモデルも見られるようになった。砂漠の過酷な環境にも強いことから中東で活動するPMCのオペレーターの武装としても珍しくない。 AK-47は数多くの亜種が世界中に氾濫し、現在もあらゆる戦場、あるいは密猟の場でもその姿を見ることができる。その独特なスタイルにはファンも多く、アートのモチーフとされることもしばしばである。そうした独特の形状ゆえか、カスタム志向のアメリカにさえ「AK47にアタッチメントを付けるのは邪道」と考えるユーザも見られる。珍しいところではアフリカのモザンビーク共和国では、解放闘争をともに戦った『戦友』として国旗にAKの図案を採り入れている。一体どれだけの数が生産され、使用されているのかはもはや定かではなく、無節操なまでにコピーされたものを含めれば全世界中で5億挺はあるだろうと言われる。  なお、AK-47の原型として1946年に完成したプロトタイプライフルが存在する。AK-47同様のガスオペレーション・ロータリーロック機構をはじめ、この時点でAK-47とほぼ同様のコンセプトを備えていた。トライアルのため、折り畳みストック型を含めた数挺が製作され、そのフィードバックからAK-47へと至る更なる試作型が製作された。弾薬は7.62mm×41弾を使用し、セイフティと分けられたセレクターを備え、チャージングハンドルなどの操作系は左側に設けられていた。

    ウィキペディア:AK-47





    ドールズフロントライン 攻略上部へ