【ドールズフロントライン】AAT-52の詳細(スキルや評価、入手方法)

    このページはドールズフロントライン(ドルフロ/少女前線)のAAT-52の詳細ページです。AAT-52のステータスやスキル、陣形などをまとめています。

    AAT-52のプロフィール

    こちらは、AAT-52のレアリティや国籍などのプロフィール情報です。

    通常重傷
    ドールズフロントライン  AAT-52 星2 マシンガン
    ドールズフロントライン  AAT-52 星2 マシンガンの重傷
    名前
    AAT-52
    No.111レア星2
    銃種マシンガン国籍フランス
    声優内山夕実イラストLino

    AAT-52のステータス

    こちらは、AAT-52のステータス情報です。

    火力命中回避射速HP成長
    AAAAAC
       
    初期最大
    火力3479
    命中424
    回避422
    射速87118
    HP91910
    弾装1010
    移速4
    会心率5%
    製造時間4:50:00
    弾薬
    40 / 65 / 90 / 115 / 140 (x1~5)
    配給
    30 / 45 / 60 / 75 / 90 (x1~5)
     

    AAT-52の陣形

    こちらは、AAT-52の陣形の情報です。

    陣形範囲効果対象陣形効果
    ショットガン射速上昇 20%

    AAT-52のスキル

    こちらは、AAT-52のスキルの情報です。

    スキル名
    火力集中N-MG
    開幕CD8秒
    クールダウン効果
    レベル118夜戦時において、自身の火力上昇 32%(昼戦時は10%)(持続時間4秒)。
    レベル1018夜戦時において、自身の火力上昇 85%(昼戦時は30%)(持続時間6秒)。

    AAT-52の装備スロット

    こちらは、AAT-52の装備スロットの情報です。

    レベル20弾倉・AP弾
    レベル50アタッチメント・オプティカルサイト・ホロサイト・ドットサイト
    レベル80人形裝備・チップ・アサルトパック

    AAT-52の取得

    こちらは、AAT-52の取得情報です。

    製造通常製造
    ドロップ 5-6・ 6-6・ 7-6・ 8-1・ 8-3・ 9-3・ 9-5・ 10-3・ 10-4E・ 5-1E・ 5-2E・ 5-3E・ 5-4E・ 6-1E・ 6-2E・ 6-3E・ 7-1E・ 7-3E・ 7-4E・ 9-2E・ 8-1E・ 8-3E・ 9-4E・ 8-5・ 9-1・ 10-1・ 10-5・ 10-2E・ 6-4E・ 7-2E・

    実際のAAT-52

    こちらは、実際のAAT-52の説明です。

    AAT Mle1952は1952年にフランスで開発された汎用機関銃である。正式名称は「Arme Automatique Transformable Modèle 1952:可変式自動火器1952型」で、略して「AAT52」や「AA52」と呼ばれることが多い。 第二次世界大戦後、インドシナ戦争後までフランス軍では機関銃の大部分をイギリスやアメリカから供与されたものやドイツから奪い取ったものでまかなっていたが、弾薬の補給の都合で問題が生じており、これを発端としてフランス国内のいくつかの造兵廠で機関銃が開発されることとなった。その結果シャテルロー造兵廠の案が1952年にAAT Mle1952としてフランス軍に採用され、歩兵に野戦用や陣地用として用いられたり、ヘリや車両に搭載されて使用された。なお、量産は主にサンテティエンヌ造兵廠にて行われた。 フランスは1960年代にNATOから脱退していたが、その後またNATOと共同する路線に戻ることとなった。これにあたってNATO軍と弾薬の共有をする必要が出てきたため、AAT52も7.62mm×51NATO弾仕様が開発され、AAT Mle7.62 NF1としてフランス軍に追加採用された。NF1は歩兵用の立場こそM249に取って代わられたものの、フランス軍では現在も車載用や艦載用として使用されている他、モロッコのようにアフリカでも採用している国がある。 1958年には12.7mm×99弾を使用するモデルのMAC58がシャテルロー造兵廠にて開発されたが、既にM2重機関銃が十分に供給されていたためにフランス軍に採用されることは無かった。 作動方式はFAMASに代表されるレバー遅延式のディレードブローバックで、バレルの途中にガスポートが存在しないようにシンプルだが、汚れには若干敏感な機構となっている。また、撃発はオープンボルトで行い、射撃モードはフルオートのみである。バレルは空冷式で軽量な通常仕様のバレルと、持続射撃に向いたヘビーバレルがそれぞれ用意されており、キャリングハンドルとバイポッドが直接取り付けられている。 本体はスチールのプレス加工と溶接で製作されており、伸縮可能なストックやピストルグリップなどもプレス加工で製作されている。バイポッドの他にはモノポッドを装着することができ、専用アダプターを介してM2重機関銃用のトライポッドにマウントすることも出来る。アイアンサイトはタンジェント式で、同じくフランス製のMAS49やFR-F1にも装備可能なAPXスコープを装備することも可能である。

    MEDIAGUN DATABASE:AAT-52





    ドールズフロントライン 攻略上部へ