【大三国志】星4 黄権 蜀 歩兵

    【大三国志】星4 黄権 蜀 歩兵

    列伝

    もとは劉璋配下の武将。劉璋に劉備を入蜀させないように諌めたことで、劉璋に遠ざけられた。益州の平定後、黄権は門を閉ざして降伏せず堅守した。劉備自ら降伏を促し、黄権はようやく降伏した。後に劉備が皇帝を名乗り、東呉を征伐する時、黄権は諌言するも、劉備は聞き入れなかった。劉備は夷陵の戦いで大敗を喫した後、黄権は呉兵が川の北岸に分断されて退路が断たれたため、やむをえず曹魏に投降した。

    基本データ

    星4 黄権
    歩兵コスト2.5攻撃距離2
    成長値 (1レベル上昇時)
    攻撃+0.54防御+1.28知略+0.84攻城+1.01
    速度+0.29
    固有戦法
    安途若素
    受動有効距離1自身
    自身の策略系攻撃で与えるダメージが15~30%減少するのと引き換えに、防御が10~20上昇。さらに策略系攻撃で受けるダメージが10~20%減少。
    分析可能戦法
    遠攻之策
    指揮有効距離2自軍複数(2)弓歩騎
    戦闘開始後3ターン、自軍複数の攻撃が10~20上昇。さらに毎ターン50~100%の確率で攻撃距離が1増加。
    武将連携
    なし


    大三国志 攻略上部へ