【大三国志】S2 星4 丁奉 呉 騎兵

    【大三国志】S2 星4 丁奉 呉 騎兵

    列伝

    呉の重要将校。若い頃に勇猛さで少将となり、常に奮闘して敵を倒し、数々の功績を残す。東興の戦いにおいて「雪中の白兵戦」を行い、東呉に侵入した魏軍を大破させる。丁奉は生涯戦いに明け暮れ、北方政権は曹操の時代から司馬炎打倒の時代まで、孫権から孫皓の4人の呉の君主に仕え、三国の盛衰興亡の証人となる。

    基本データ

    星4 丁奉

    騎兵コスト2.5攻撃距離1
    成長値 (1レベル上昇時)
    攻撃+1.17防御+0.78知略+0.77攻城+0.29
    速度+0.69
    固有戦法
    雪奮短兵
    主動 40%有効距離2敵軍単体
    敵軍単体に猛攻を行う(ダメージ率162.5~325%)。ただしその後はこのターンで通常攻撃を行えなくなる。
    分析可能戦法
    鶴翼
    指揮 有効距離3自軍複数3
     戦闘中、自軍全体の弓兵が分兵効果を獲得(ダメージ率24.5~49%、知略の影響を受ける)。攻撃が20%低下。
    武将連携
    なし


    大三国志 攻略上部へ