【大三国志】星5 XP陸抗 呉 歩兵

    【大三国志】星5 XP陸抗 呉 歩兵

    列伝

    三国時代呉の名将、丞相・陸遜の次子。父の陸遜が死去後、陸抗は後を継いで建武校尉となり、父の配下の兵士5000人を預かって武昌に駐屯した。西陵で歩闡が反乱を起こすと、晋からは羊祜が江陵へと攻撃を仕掛けてくるが、陸抗は父譲りの知略でこの危機をしのぎ切り、西陵を降し晋軍を追い返した。陸抗は、三国時代末期の呉を支えた呉国最後の名将として知られる。

    基本データ

    星5 陸抗
    歩兵コスト3攻撃距離2
    成長値 (1レベル上昇時)
    攻撃+1.07防御+1.77知略+2.05攻城+1.40
    速度+0.56
    固有戦法
    西陵克晉
    指揮有効距離2自軍単体
    戦闘中、毎ターン40%の確率で自軍の攻撃が最も高い武将が攻撃を行い(ダメージ率75~150%)、自軍の知略が最も高い武将が策略系攻撃を行う(ダメージ率75~150%、知略の影響を受ける)。さらにそれぞれの武将が一定の兵力を回復。
    分析可能戦法
    鉄戟金戈
    主動 35%有効距離4敵軍複数(2-3)
    準備1ターンの後、敵軍2体に猛烈な物理系攻撃(ダメージ率165~330%)か、敵軍3体に猛烈な物理系攻撃(ダメージ率112.5~225%)を行う。
    武将連携
    なし

    評価

    陸抗は知略型の武将で、固有戦法が非常に強力な武将です。歩兵の1軍で利用可能な性能だと思います。攻撃力が最も高い武将と知略が最も高い武将が40%の確率で追加攻撃をするのですが、陸抗は知略が高いので、基本的に陸抗が戦法効果の策略攻撃担当になるかと思います。攻撃距離が2なので中衛配置になりますが、個人的に気になるのは「不攻」を使用したらどうなるのか?です。本営配置が可能になれば、部隊に採用する武将の幅が広がるからです。

    おすすめ戦法

    神兵天降・大賞三軍・無心恋戦・重整鼓旗・渾水摸魚・妖術・焰焚箕軫・水淹七軍

    おすすめ部隊編成

    星5 XP孫策 呉+星5 XP陸抗 呉+星5 孫権 呉
    星5 SP趙雲 蜀+星5 XP陸抗 呉+星5 関銀屏 蜀
    星5 甘寧 呉+星5 XP陸抗 呉+星5 陸遜 呉



    大三国志 攻略上部へ