星5 孟獲 群 歩兵のおすすめ戦法や部隊編成

星5 孟獲 群 歩兵のおすすめ戦法や部隊編成

列伝

三国時代、南中一帯の少数民族の首領。勇猛果敢に戦ったが、兵を使うことは得意としなかった。蜀漢に対して反乱を起こしたが、後に諸葛亮は馬謖の「攻心為上」の策に従って、孟獲を7回捕え7回釈放した。最後には孟獲自ら喜んで服従し、永遠に蜀に歯向かうことはないことを誓った。

基本データ

星5 孟獲
歩兵 コスト3 攻撃距離3
成長値 (1レベル上昇時)
攻撃+1.88 防御+1.62 知略+0.40 攻城+1.26
速度+0.48
固有戦法
南蛮強襲
指揮 有効距離3 自身
戦闘開始後3ターン、自身と味方単体が敵軍の回避を無視。さらに対象は物理系攻撃で与えるダメージが12.5%~25%増加(攻撃の影響を受ける)
分析可能戦法
健卒不殆
受動 有効距離1 自身 弓歩
自身が通常攻撃を受けると反撃を行う(ダメージ率初期20%~最終40%)。さらに50%の確率でその回のダメージが25%~50%減少。
武将連携
南蛮王者
孟獲(群) 花鬟(群) 孟優(群) 祝融夫人(群)
防御上昇・攻撃上昇

評価

見た目は前衛で猪突猛進に突っ込んでいく体力バカに見える孟獲であるが、攻撃距離が高く、固有戦法自体物理攻撃力の上昇、回避無効効果なので基本的に補助武将として中衛や本営に置くべき武将。孟獲自体のステータスは突出したものではないので、攻撃力の高いや戦法を持つ武将で部隊を揃えることで、孟獲の本領を発揮することができる。分析可能戦法が非常に優秀なので、孟獲のカードが被っていたり、他に良い武将が多くいるなら分析をおすすめします。

おすすめ戦法

槍陣・反撃之策・反計之策・戦必断金

おすすめ部隊